最後の生活発表会

今日は次女ちゃんの生活発表会でした。
ついこの間、初めての生活発表会だったと思えるのに、もう最後だなんて。
そして来月には卒園してしまうなんて、時間の流れが速すぎます。

今年はパパが一緒に観に来られる、って言ってたから、ゆっくり見られ、その姿をカメラにたくさん収められると思ったのに、急に仕事の予定が変わってこられなくなりました。
おかげで今年も一人でムービー撮って、写真も撮って・・・・。
感動に浸れるヒマもありゃしない。

取りあえず一番いい席で撮ってあげなくちゃ、と開演40分前から並んで最前列をGet。
ドキドキしながら次女ちゃんの出番を待ちました。

恥ずかしそうに笑いながら入ってくる次女ちゃん。
公立の小さな幼稚園だから、子供達の表情まで手に取るように近く感じられます。
私立のマンモス園の大きなホールを借り切っての発表会よりずっといいです。

鍵盤ハーモニカの演奏から
f0169186_2146221.jpg

合奏ではマラカスを踊りながら振って
f0169186_21465758.jpg

劇では可愛いネズミさんに扮し、得意のダンスを披露してくれました。
f0169186_2157298.jpg

最後は「もうすぐ1年生になるよ」って内容の歌。
大きな声で元気に歌っていました。
f0169186_214864.jpg

f0169186_21481432.jpg


はっきり言って、クォリティーは低いです。
合奏ではリズムがずれていたり、劇ではいつも誰かがセリフを忘れたり、振りを忘れたり。
でもそのたびにみんなで「ちがうよ」「アレしなくちゃ」なんてフォローしあっている温かい姿がありました。
きっと子供達でいろいろ話し合って考えて、作り上げた劇なんだなぁ、という事が伝わりました。
親ウケ重視の、個性を押し殺した完璧を求める演技よりずっと心がほっこりしました。
そういう風に導いて下さった先生方に感謝です。

長女さんの時から4年間、通い続けた幼稚園も、もう本当に最後なんだな、と思うと寂しい気がします。この幼稚園から学んだことは本当に多くあって、この幼稚園でなかったなら、私はきっと幼児教育に大切なものを何も理解できていない母親になっていたんじゃないかな、とさえ思います。

あと残り僅かの園生活、次女ちゃんとめいっぱい楽しみたいと思います。
[PR]
by emily0805 | 2018-02-16 21:45 | Family | Comments(0)