古き良き昭和

とうとう始まっった夏休み。
第1日目は次女ちゃんの幼稚園のお友達のお宅にお呼ばれして来ました。

もちろん子供達が約束してきたのだけど、私、こちらのお宅が大好き★
以前にも一度お邪魔させて頂いたのですが、一目見て大ファンになってしまいました。

それというのも、築50年はあろうかという古いお宅を購入し、ご夫婦でリフォームしたというまさに手作りのお家。
家って自分たちで作れるんだ、と感動を覚えました。
もちろん旦那様が大工さんとか、その道のプロ、とかいうわけではなく。

押入れを利用した秘密基地があったり、ドアやふすまに黒板塗料が塗ってありどこでもお絵描き出来たり、お部屋にハンモックが取り付けてあったり、シルバニアのお家やおままごとキッチンも手作りだったり…
子供ならみんなワクワクするものが沢山。

本物のキッチンも、収納扉や棚、台の上のタイルなどすべて手作り(*''▽'')
あちこちに取り付けられたお手製の棚、キレイに塗られた壁やドア。
そんな中、そのまま残るガラス戸の模様、木の飾り。トイレのタイル。急な階段。
私が子供の頃の家はみんなこんな感じだったーーー、と懐かしくなります。

古いです。確かに古いのだけど、新品のシステムキッチンよりも素敵に見えました。

そんな素敵なお家で、我が子達は初めてを沢山経験させてもらいました。
窓にお絵描き。
f0169186_00260223.jpg

まるで気分は水森亜土(^_^;)これは楽しい★

いまではあまりなくなってしまった缶切り。
f0169186_00260235.jpg

こんなことでさえ、子供達は「私がやりたいーーー」と順番の取り合い★
トッピングのフルーツを刻ませてもらい
f0169186_00281243.jpg


手動のかき氷器を回す。
f0169186_00260324.jpg


子供達にとっては少々不便な方が楽しいみたい。
便利さと引き換えに、失ったものが沢山あるのだな、と感じました。

デザートの後は、なんと手作りのブランコが登場★
f0169186_00260338.jpg


もう感動を通り越して脱帽!?
その発想力のすばらしさにやられっぱなし。
大はしゃぎの子供達(*^^*)

なんだかうまく言えないけど、家を新築するにあたり、オシャレさばかりに目が行って
何か見落としていたものを、忘れていたものを思い出させてもらったような気分です。

新しく、便利であることも大事。
でも、昔ながらの手仕事も手遊びも忘れてはいけないなぁ、と、

古き良き昭和を感じ、とても温かい気持ちになれた1日でした(*^^*)
[PR]
by emily0805 | 2017-07-21 22:24 | Friend | Comments(0)