記憶に

母が旅行で留守なので、うずを預かっていました。

調子はあまりよくなく、毎日病院通いです。

子供たちもそのことはよくわかっており、優しく接してくれます。
特に次女さんは、まるで妹でもできたかのように甲斐甲斐しくお世話してくれました。
f0169186_20265589.jpg


クッションの上でうずが寝ているときには
『ねんねー、ころりんー、ねんねー、ころりん』と子守唄を唄ってくれました。

・・・・泣けます(T_T)
f0169186_20291295.jpg

きっと次女の記憶には残らないだろうから、写真に残しておきます。

今日は病院へ行った帰りに、うずを実家へ送り届けてきました。

最近といえば、すっかり弱って、吠えることもなかった子です。
しつけがきちんとできておらず、昔は近所迷惑なくらい吠える子だったのに。

それが、実家のドアを開けて入った途端、『ワンワン!!!』と母を探して吠えました。
母に会えると安心したのか、一番陽がよく当たるいつもの席で、外をぼんやり見ていました。

旅行の間にさらに弱った様子を見かねた母が、うずを抱きかかえ庭を散歩してました。
まるで生まれたばかりの孫でも抱いているかのように。
そんな姿を見ると、たまらなくなります(/_;)

昼食を終え、ソファに座る母に抱っこされ、骨の浮き出た身体をさすってもらっていると
気持ちがよくなったのか、眠っていきました。

もう、どんな姿を見ても胸がいっぱいになってしまいます。

でも、どんな姿でも私の記憶に残しておきたい。

どうか、これ以上苦しむことがありませんように。。。
[PR]
by emily0805 | 2014-11-05 20:41 | Family | Comments(0)