忘却

父のおさがりのメロンをいただきました。



病床で父は『メロンが食べたい、缶詰のパイナップルが食べたい、汁だけでも飲みたい』
と言っていたようです。

入院してからというもの、父は食事がほとんど取れず、栄養は点滴からのみでした。

母が主治医に汁だけでもなんとか、と頼み込んだようですが
誤飲が命取りになる、と断られたようです。

お棺の中には沢山のメロンとパイナップルを入れてあげました。


父が亡くなってすぐに供えられた、もう完熟しきったメロンを食べながら
こんなもの、いくらでも買うことはできたのに
最期の最期に、こんなものすら食べることが出来ずに逝ってしまうなんて・・・・。


涙が溢れそうになるのをこらえながら
姫には、お行儀が悪いから、といつも止めさせていたのですが
背を向けて、そっとお皿の上の汁まで飲み干しました。



父が亡くなって2週間と少し。

時々、フラッシュバックのように最期の時や入院していた時、
まだ元気だった頃のシーンが頭をよぎって、泣き崩れることがあります。

私は決して父親っ子ではなかったので、寂しい、悲しいという感情は無いのですが
特に娘たちと、もっとこうしてあげれていたら、などの後悔の念で
押し潰されそうに苦しくなります。

それでも、何も解らない娘たちと日々慌しく過ごし
お友達と約束して外へ出たり、話をしたり、気晴らしをしたり
そうやって過ごしていく中で、心の中に大きくあった喪失感が少しづつ
埋められていったような気がします。



何かの本で、『人間の最大の能力は忘れることである』というのを読んだことがあります。


嬉しいこと、楽しいこと、その感情は、ずっと記憶に残っていても大丈夫なんです。

でも、悲しいことは辛いことは、忘れてしまわないとその感情に
押し潰されて、前に進むことが出来ないのです。

私も、父を亡くした喪失感を、後悔の念を、その感情を少しづつ
忘れていってるんだな、と思います。

悲しい事はいつでも、時間が解決してくれます。
心の傷も必ず、時間が癒してくれます。

私一人がどんなに悲しくても、辛くても、朝はやってくるし、日常もやってくる。
娘達は私を必要としているし、、私も一緒に前に進まなくてはいけない。
[PR]
by emily0805 | 2012-03-09 17:02 | Family | Comments(0)